負担を最小限に

かつらを着用すると、内部がムレやすく頭皮環境が悪くなってしまいます。このようにかつらは、頭皮への負担が大きいものです。長期間使い続けるならば、なるべく負担の少ないものを選ぶようにしましょう。

医療用かつらは、脱毛後にかぶることが前提となっています。そのため、オシャレ用ウィッグなどと比較しても、負担が少ない設計になっていることがほとんどです。通気性の良い素材を使用している場合は、ムレが少ないため快適な着け心地になるでしょう。また、風に飛ばされにくいものを望むならば、地肌に直接つけるネットタイプものがおすすめ。密着度が高いため、自然な見た目でありながらズレにくいという特性を持っています。さらに、かつらはサイズ感も重要なポイントです。脱毛後は頭のサイズが変わるため、かつらを購入したあとでもサイズ調整ができるものを選ぶと負担が少ないでしょう。かつらのサイズ調整は、購入したメーカーがアフターケアでやってくれるところが多いです。このようなサービス面が充実したメーカー選びも、かつらを購入する上で考慮すべき点ではないでしょうか。

かつらを試着する際は、見た目だけではなく機能面もチェックするようにしましょう。そして、自分の頭皮のために、安心して使用できるものを見つけてください。

参考販売ショップ・・・医療用かつら_REIZVOLL

毛髪の種類を知る

自分に合うかつらの特徴は、毛髪の種類にもあります。それぞれのメリット、デメリットを理解した上で、自分好みの毛質を選んで下さい。

かつらに使用される毛髪は主に3種類あります。特殊加工を施した人毛、化学繊維から作られた人工毛、これら二つを合わせたミックス毛です。毛の種類によって利点が異なるため、ご自身の希望にマッチした髪質を選ぶと良いでしょう。例えば人毛は、アレンジはしやすいですが、洗うとセットが崩れたり退色しやすかったりといった難点があります。人工毛は、素材ならではテカリがあるため、少々不自然に見えがちです。初心者でも扱いやすいと言われているのは、ミックス毛のかつら。人毛と人工毛のデメリットは含まれますが、洗ってもスタイルをキープすることができるため、セットに時間がかからなくて済みます。また、メーカーによっては、毛の中に白髪を混ぜることが可能です。その割合もオーダーメイドで注文でき、より脱毛前に近い髪型を再現できます。

かつらは頭皮を守るだけではなく、日常生活を楽しく送るためのものでもあります。既製品と比べてオーダーメイドのかつらは値が張りますが、自分の体に合ったものを使用するのが一番です。あまり負担のかからない、ストレスフリーなかつらを選びましょう。

生え際はより自然に

かつらはどれも同じに見えますが、実際に着けてみるとどの程度ナチュラルに見えるかが分かります。案外不自然さが目立ってしまうものが多く、特に男性の場合は、女性のように上手にカバーしにくい側面があります。

男性は短髪を好む方が多いため、男性用の医療用かつらでは自然な短髪を売りにしているところが多いです。そもそもかつらは、頭皮の上からかぶるためのものであるため、短髪だと少々不自然さが残ってしまうものがほとんど。どうしても生え際やつむじがよく見えてしまうので、髪の毛の分け目やもみあげは重要になってきます。このように、男性用の医療用かつらを選ぶ際は、短髪でもより自然に見える髪型を選ぶことが大切です。生え際やもみあげが自然な仕上がりであると、それだけで違和感は軽減されます。髪型もさまざまで、ビジネスシーンに合ったものから、ナチュラルなものまで用途に合わせて選ぶことが可能です。髪の毛の長さが短くなればなるほど、自分によく合ったかつらをセレクトしましょう。

かつら着用時のナチュラルさは、見た目を左右するため非常に大事です。どのような髪型が似合うか悩む方は、脱毛前とあまり変わらない髪型を選ぶと失敗しにくいでしょう。ぜひ、客観的に見てくれる人にチェックしてもらってください。

医療用かつらについて

薄毛に悩むことが多い男性ならば、一度はかつらの使用を考えたことがある方がいらっしゃるかもしれません。しかし、一概にかつらと言っても、用途によって使用すべき種類は異なります。その中で、どなたでも使用する可能性があるのが「医療用かつら」です。

医療用かつらは、抗がん剤治療など、治療薬によって脱毛が起こる方が使用するかつらです。そのため、オシャレのためのウィッグや、薄毛を隠すためのかつらとは少々違うところがあります。例えば機能性の面では、医療用かつらは他のかつらと比べて、頭皮への負担が少ないように作られているのです。闘病中の使用となれば、治療には長い期間を要するため、ずっと使い続けられるものを選ばなければなりません。そのためには、着け心地の良さが求められます。また、男性の場合は短髪を好む方が多いですが、かつらの短髪は不自然さが残る傾向にあります。しかし、医療用かつらは、生え際やもみあげをより自然に作り上げることで、その問題点を克服。現在は、短髪でも自然に見えるかつらが多くなっています。さらに、かつらは毛髪の種類によっても見た目が異なるため、かつらを購入するときは毛髪の種類も確認しておく必要があります。

このように、男性用の医療用かつらにはさまざまな特徴があります。そこで当サイトでは、男性用の医療用かつらを選ぶポイントをご紹介。初めて医療用かつらの使用を検討している方に、分かりやすく解説いたします。